LIVE:F.I.B Jorurnal DUO+1

14064191_1749822921953531_3968897791899414807_n

2016/9/3 sat at KAMP
18:30 open 19:30 start
in advance 2500yen
on the door 3000yen

LIVE:
F.I.B Jorurnal DUO+1
山崎円城(Vo,G)
沼直也(Dr)
Guest
Little Woody(Contrabass)

コジマサナエ/vocal
小田原政広/guitar
前田順三/bass
稲田晋/guitar

Dj
ken&Hysa

ーーーーーーー
F.I.B JOURNAL

山崎円城が2003年に立ち上げた
国内屈指のポエトリージャズ。

2005年からEgo-wrappin’のサポートベーシストとして活動する真船勝博、ドラマー沼直也が正式加入。トリオ編成に。

コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上にスポークンワーズが絡む独特なスタイルは、現代のビートニク音楽である。

F.I.B JOURNALとして現在までに5枚のフルアルバムを発表している。

2009年に発表した”Calm & Punk”では、パンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ「ジャズパンク」とも称される。

今回は、コントラバスに、Little Woodyを迎えた編成で。

F.I.B JOURNAL DUO+1
山崎円城(Vo,G)
沼直也(Dr)
Guest
Little Woody(Contrabass)

2003年10月1st Album “F.I.B HEADLINE”(basis records)
2006年3月 2nd Album “ROUTINE4229″(basis records)
2007年9月 3rd Album “Ordinary Folk Records”(Ordinary Folk Records)
2009年1月 3rd Album+DVD “Ordinary Folk Records+”(Ordinary Folk Records)
2009年1月 4th Album “Calm & Punk”(Ordinary Folk Records)
2013年3月 5th Album “紙よさらば”(Ordinary Folk Records)

2013年、管やオルガン、パーカッションを加えた、ビックバンド編成、Orquesta F.I.B JOURNALを不定期にスタート。

2014年2月 7inch Single “老いたる国の夜明け / 紙よさらば”
2014年8月 Teap e.p “Orquesta F.I.B JOURNAL e.p”(Ordinary Folk Records)
2015年1月 Album “Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings”をリリース。(Ordinary Folk Records)

EVENT / SEE ALL

CULTURE MAG / SEE ALL

VOICE FOR KAMP / SEE ALL

FACEBOOK

ADVERTISEMENT